iPhoneの歴史を振り返ろう

初代iPhoneの衝撃

未だに語り継がれる、2007年1月9日、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコのモンスーンセンターで行われた、アップルの創業者の1人であり当時最高経営責任者であった、スティーブ・ジョブズの伝説のプレゼンテーション。初代iPhoneはこの日、世界に大きな衝撃を与えました。

iPhoneの機能として画期的だったことは大きく分けて3つあります。一つは当時音楽業界に多大な影響を与えるまでの大ヒットを記録したiPodを踏襲したこと、タッチコントロール付きのスクリーンを搭載したこと。そして、それらを融合させて、今までには無い全く新しい携帯電話を誕生させたことです。

その中でも最も革新的だったのは、ボタンを全て取り払い、マウスやタッチペンを使わずに人間の指そのものをデバイスとして組み込んでしまったということです。これにより、携帯電話や音楽機器といった既存のジャンルには収まりきらない、本来の意味でのスマートフォンという形を確立したといっても過言ではありません。瞬く間にiPhoneの噂は世界中に飛び回り、その後大ヒットを記録するに至ります。

実は、このプレゼンテーションの時点でiPhoneの試作機はまだバグが残った状態だったと聞きます。その状態で完璧なプレゼンテーションを行なったジョブズの勇敢さと、その状態から発売まで漕ぎ着けた会社としての技術力が当時のアップルの凄みを象徴しているといえるでしょう。